インプラントと出っ歯

インプラント差し歯のデメリット

インプラントに出っ歯デメリット

インプラントの治療においては、新しい歯を入れるための土台となる歯茎を安定させる必要があります。そのため、出っ歯の人や八重歯がある人は、その部分の歯茎の形が変形している可能性が高いので、まずはそこから治療を行っていくことになり、追加の費用や時間がかかりやすいなどのデメリットがあります。しかし、近年ではインプラントの技術が発達してきたので、そのような場合でも速やかに治療を行うことが可能になってきました。ただし、全ての歯科において実施できるわけではないので、治療を受ける前には入念に調べておきましょう。

出っ歯にインプラント矯正有効

出っ歯の矯正にはインプラント矯正という方法もあります。これに使うボルトは治療に使うものより小さいものを使用します。矯正用であり、終了したら取り除きます。一般的な矯正は動かしたい歯の近くの歯を固定源として矯正装置を設計します。これを出っ歯に利用する場合、歯のあった場所にボルトを埋め込むのではなく、歯肉や口蓋部に打ち込み固定源とします。前歯だけを矯正するには良い方法です。また歯を多く失っている場合は、特に奥歯を失っている場合が多いのですが、奥歯にインプラントをいれるなどして、口の中を整えてから前歯の矯正を行います。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 出っ歯の症例、インプラント All rights reserved